探偵に依頼した時の料金相場

探偵の依頼料金、相場を知っていないと損するかも!?

探偵に何かを依頼するのは人生の中でも1度あるかないかという人がほとんどでしょう。

 

浮気調査でも、人探しでも、まず探偵に何かを依頼する時に一番気になるのが料金です。

 

 

これは実際に掲示板やQ&Aサイトのようなところを見ても明らかです。

 

 

そして探偵料金が気になる人はそういったサイトの回答や、今では探偵事務所も自社のホームページを持っている場合がほとんどなのでそういった情報を元に、依頼するとどれぐらいの料金になるのか調べようとするわけなのですが結局ハッキリとした金額がわからない・・・。

 

そこで、探偵料金や依頼方法について調べてみました。

 

探偵の依頼料金はわかりにくい理由

料金体系をホームページ上に表記している探偵事務所ならある程度の目安ぐらいは掴めるかもしれません。

 

しかし、依頼した時のハッキリとした料金が知りたい人が多いのはわかりますが、
探偵の料金に関しては実際に見積もりをしてもらわないとわからないのが結論です。

 

なぜかというと探偵の調査料金はすでに形があるものを販売するようなものではなく、依頼を引き受けてから実行するいわゆる「請負契約」に分類されるからです。

 

なので依頼者の具体的な内容を知らなければ、どれだけの人員・時間が必要なのか?がわからないのでハッキリしない料金提示しかできないわけです。

 

探偵の調査料金を左右するものがたくさんある点も依頼料金がハッキリしない原因になっています。
調査自体の難易度やかかる経費、求める結果、開始場所など様々な要因が料金に関係してきます。
こちらはどのような点が調査費用に関わってくるのかのちほど具体例を挙げて紹介いたします。

 

車を買う時に似ているのかもしれませんね。
同じ車種でもグレードやオプション、予算によって料金は変わってきます。

 

探偵も同じように、浮気調査で言えば浮気の証拠だけなのか、相手の素性まで調べるのか?のような依頼者の調査内容への要望や、調査に必要なものによって決まってくるのです。

 

探偵による調査は依頼した人によって組み立てられるオーダーメイドのようなものなので
実際にあなたが相談をして見積もりをしなければ料金はわからないのです。


探偵料金の平均費用について

まだ依頼するかどうかの検討段階でおおよその金額を知りたいのであれば、
探偵事務所のホームページを参考にするのがいいでしょう。

全国的な平均なら(社)日本調査業協会という全国600社が加盟している機関で出されている調査料金の平均や相場を計上した資料があるのでそれがもっとも参考になるのではないかと思います。

 

 

素行・浮気調査料金の経費別平均

調査員2名担当(単位1時間)

 

2.0万円以上〜2.5万円未満・・・36%
1.5万円以上〜2.0万円未満・・・28%
1.0万円以上〜1.5万円未満・・・24%
(諸経費別)

 

車輌費(単位1日)

 

無料・・・・・・・・・・・・・・・・36%
1.0万円以上〜1.5万円未満・・・24%
1.5万円以上〜2.0万円未満・・・16%

 

車輌費無料と回答した業者の1時間当りの料金

 

2.0万円以上〜2.5万円未満・・・50%
1.5万円以上〜2.0万円未満・・・13%
(諸経費別)

 

これを見ると調査員2名で車両費を含めると平均としては1時間2万円〜2.5万円というのが料金で見ると費用の相場と言えるでしょう。

 

【参考記事】
探偵の代表的な2つの料金システムについて

 

具体的な探偵料金を知りたい場合はどうする?

自分の調査内容において依頼した時にいくらぐらいかかるのか?を知るためには
やはり一度相談をして見積もりをしてもらうしかありません。

 

 

この時に注意したいのが、まずは調査力の高い探偵事務所に見積もりを依頼することです。
確かに探偵の調査料金は安いに越したことはないと思いますが、最初に安さだけを基準にして探偵事務所を選んでしまうと思ったような結果も得られずに調査料金だけを支払うケースも考えられるからです。

 

大前提として、調査内容に対しての納得の行く結果を得ることができる探偵事務所であることが大事で、それを考えた時に調査力が高いのはとても重要な要素です。

 

 

費用が安く済んで納得のいく結果を出してくれればラッキーではなく、納得のいく結果を出してくれる前提でいかに費用を抑えるかを考えるべきでしょう。

 

 

探偵に依頼をするといっても実際に検索をするとたくさんの探偵事務所がヒットすると思います。
では、最初に相談して見積もりをしてもらう調査力の高い探偵はどこなのか?

 

 

実はもうすでに決まっていると言っても過言ではありません。

 

実績、調査機材、人員の数、テレビへの調査協力など調査力の高い探偵事務所として
まず始めに料金や調査内容の相談をしておくべきなのが原一探偵事務所です。

 

探偵事務所に見積もりを依頼するとそのまま強引に営業されて断れなくなってしまうのではないか?
不安に感じている方もいらっしゃると思いますが、原一探偵事務所の無料相談は
まるでカウンセリングのように進んでいくと評判も良く電話での相談でもフリーダイヤルなので料金は一切かかりません。

 

原一探偵事務所の無料相談フリーダイヤル 0120-63-0098

 

また、探偵費用に関しても追加の費用請求が一切ないのも特徴です。
例えば、調査対象者が急に想定外の行動を取って遠出をしたとしても原一探偵事務所の場合はそういった不足の事態に対する追加費用の請求はなく最初に提示された調査費用でしっかりと対応してくれます。

 

探偵に依頼をするような内容だとなかなか人に相談できないことも多いと思います。
そういった意味でも話をしっかりと聞いてくれる原一探偵事務所にまずは問い合わせをしてみてはいかがですか?

 

原一探偵事務所のHPには調査費用の基本料金が半額になるクーポン付きWEBサイトというものがあります。
少しでも探偵料金を安くしたいという方は下記のクーポン付きWEBサイトから無料相談を行ってくださいね。

>>>原一探偵事務所の調査基本料金半額WEBサイト<<<

原一探偵事務所

 

下記のフリーダイヤルから相談しても基本料金は半額になります。
原一探偵事務所の基本料金半額無料相談フリーダイヤル
0120-63-0098

複数の探偵事務所の料金を比較してから依頼したい!

探偵に調査を依頼する目的は様々だと思います。
探偵事務所によっては調査内容の得手不得手もあります。

 

 

まず最初に原一探偵事務所に相談をするべきなのは、豊富な実績と高度な技術による調査力の高さはもちろんですが、全国調査業協同組合に所属し、テレビ番組の調査依頼にも協力するなど安心できる・信頼できる探偵事務所だからです。

 

 

原一探偵事務所に相談をして、調査料金がいくらになるのか?どんな調査をしてくれるのか?これがわかったら複数の探偵事務所にもアポを取って相談に行くのがオススメです。そして、複数の探偵業者の料金や調査の提案を比較・検討すれば安い料金に踊らされたり、成果の出ない調査にお金を支払うリスクを軽減することができます。

 

 

原一探偵事務所はスタッフ120名以上、そのうち調査員90名の大所帯でさらに調査機材なども充実している一方、依頼した時の費用もそれなりに必要になってきます。そのため、原一探偵事務所に相談をして「ちょっと費用が高いな〜」と感じた方は以下の探偵事務所にも相談をしてみましょう。直接出向いて面談をするのは面倒だし不安といった方のために365日24時間の電話・メール相談で見積もりの相談だけでもOKな全国対応の探偵事務所を紹介しています。

 

>>>総合探偵社TS

 

次に相談するのをオススメする探偵事務所が総合探偵社TSです。
総合探偵社TSもテレビ番組の調査依頼に協力し、警察OBの調査員も在籍している調査力の高い探偵事務所です。
原一探偵社と比べると、拠点を一箇所に絞ることで調査料金がリーズナブルなのが特徴です。
また、夫婦カウンセラーの資格を有する専門家が調査後も無料でサポートしてくれるので、離婚や復縁がしたい方の浮気調査を依頼したい場合は一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

総合探偵社TSの特徴

相談は何度でも無料でOK
料金の見積もりのみの相談も可能
・離婚、復縁を前提とした素行調査が得意
・全国対応、出張での面談も可能
・メール、電話で365日24時間相談可能
・素行調査の費用がリーズナブルなのでピンポイント調査にもオススメ

 

>>>総合探偵社AMUSE(アムス)

 

原一探偵社・総合探偵社TSと無料相談をしてみても料金に納得できなかった場合は総合探偵社AMUSE(アムス)の無料相談を利用してみましょう。
普通の探偵事務所では調査終了後に調査報告書という形での報告となりますが、総合探偵社AMUSE(アムス)ではリアルタイム報告サービスというサポート体制があり、調査報告書を受け取らなくてもすぐに今の状況を確認することができます。
これにより、手抜き調査や空振り調査への不安がなくなることでしょう。

総合探偵社AMUSE(アムス)の特徴

相談は何度でも無料でOK
料金の見積もりのみの相談も可能
・リアルタイムの調査報告が可能
・メール、電話で365日24時間相談可能
・調査状況に合わせてプランの即時変更可能
・調査員1名7500円とわかりやすい料金体系


できれば匿名で費用の相談をしたい・・・

探偵に調査依頼の相談をする時にはまず調査力の高い原一探偵事務所の無料相談をするのが確実な方法です。
確実な結果を得ることと、即日・当日調査もしてくれるのであなたが今抱えている問題をスピーディーに解決することができると思うからです。

 

>>>原一探偵事務所の基本料金半額の無料相談はコチラ<<<

 

そして、下記のような方は同時に複数の探偵事務所に相談をしてみるのもいいでしょう。

 

安心して依頼できる探偵事務所が知りたい
まだ探偵に調査を依頼するかどうか迷っている
できれば相談は匿名で行いたい
いくつかの探偵事務所に相談をして調査内容や料金を比較したい
直接探偵社とのやり取りではなくまずはその間にアドバイザーのような存在が欲しい

 

このような方にオススメのWEBサービスが

探偵さがしのタントくんです

 

この探偵さがしのタントくんは匿名でサービススタッフが無料相談を行ってくれます。
サービススタッフは女性相談員が中心となっています。
そして、そのヒアリングの中からあなたの調査内容に合った安心して相談できる探偵事務所を紹介してくれるサービスです。

 

タントくんが紹介してくれる探偵は各都道府県の公安委員会への探偵業の届け出をきちんと行っていることはもちろん、
年間の解決実績500件以上、探偵数15人以上という一定の審査基準をクリアしている探偵のみなので安心です。

 

 

>>>まずは探偵さがしのタントくんで匿名無料相談をする<<<

 

 

探偵への調査依頼をより慎重に行いたい方はまず原一探偵事務所に無料相談を行った上で、
タントくんも利用して調査内容や見積もり料金を比較検討してから依頼する事務所を決めるという流れがいいでしょう。

探偵の費用相場の分かれ道となるチェックポイント

このサイトでも何度か紹介していますが、実際の探偵費用は直接相談をして見積もりをしてもらわなければわかりません。
具体的にはどのような項目が探偵の調査料金に関係してくるのか、浮気調査を例にして紹介したいと思います。

 

調査対象者とあなたとの関係

調査対象者が配偶者なのか、それとも恋人なのか、それとも家族なのか、これらの項目も調査料金に影響してきます。
ここで重要になってくるのが調査対象者の情報をあらかじめどれぐらい把握できるのか?で、もちろん関係が薄ければ調査を始めるにあたってそこから始めなければいけないので費用は高くなると考えられます。

 

パートナーの浮気のパターンがわかっているかどうか

浮気調査の費用の場合はこの部分が特に影響してくると言えるでしょう。
例えば、パートナーが仕事帰りに浮気相手と会っている、もしくは休日に会っているような情報があれば
それに合わせて調査員を配置できます。パートナーがいつ浮気をしているかどうかまったく予想がつかない場合は、常にパートナーに調査員を付けなければいけなくなり、当然実働時間が長くなり調査料金が高くなります。

 

パートナーが浮気をしている日が特定できているかどうか

浮気のパターンを把握しているかどうかにも関わってくるのですが、浮気調査の場合は浮気をしている日が特定できている場合その日だけピンポイントで調査を行うと費用を大幅に減らせます。
また、浮気の頻度も関係してきます。しょっちゅう会って浮気をしている場合と、何か月かに1回というケースでは証拠を掴める可能性も変わってくるからです。

 

パートナーの移動手段

自動車やバイク、もしくは電車やタクシーなどある程度パートナーの移動手段が最初からわかっている場合とそうでない場合とでは、想定外の行動も予想して車両を配備したりしなければいけないので調査費用が高くなってしまう可能性があります。

 

このようなポイントが浮気調査の場合は探偵費用と密接に関係している事項になります。
まとめると、今現在あなたが探偵に依頼したい調査内容についてどれぐらい把握できているのかが重要になります。

 

【参考記事】
夫の浮気調査を自分でする時に注意すること

 

浮気調査で言えば、すでに浮気の事実が判明している状態で証拠集めとして探偵に調査を依頼しようと思っているのか、それとも浮気の事実が判明していない状態で白なのか黒なのか確信が持てていない状態なのか?です。当然前者の調査費用のほうが安く、後者のほうが調査料金は高くなると思っておいたほうがいいでしょう。

 

 


調査料金を少しでも安くするために

探偵にある依頼の中でも最も多いと言われているのが浮気調査になります。
なので浮気調査において調査料金が安くなるポイントについて少し紹介したいと思います。

 

浮気調査の場合、探偵費用を安くしたいと思うならピンポイント調査で依頼しましょう。
このピンポイント調査というのは何週間という期間を決めて行うものではなく、
日にちを決めてしまってその時だけ探偵の方に調査をしてもらうという方法です。

 

探偵の料金は時間が大きなウエイトを占めているので当然稼働している時間が短ければ
その分調査にかかる料金は安くなるのはわかると思います。

 

そして、ピンポイント調査を行うためには相手の行動を把握していることが大切です。
浮気調査なら、この時間は絶対に浮気をしないだろうとか、この時間帯が怪しいとか、相手の行動を把握していることがピンポイント調査で結果を得る確率を高めてくれます。

 

ただあまり自分で浮気調査をしてバレてしまうと相手の警戒心を高めてしまって
調査の難易度が上がってしまう=調査料金が高くなってしまうので
あくまでも無理をしない範囲で事前に自分で情報収集なりをしておくことをオススメします。

 

 

 

 


探偵に依頼できる調査内容と調査までの流れ

当サイトの探偵に依頼した際の料金相場は、探偵への依頼の8割ともいわれる浮気調査、広い意味では素行調査における料金について紹介していますが、探偵の調査内容は素行調査だけではありません。

 

探偵社によっては依頼を限定している事務所もありますが、一般的には以下のような調査は探偵業者へ依頼できる調査内容となっています。

 

・浮気、不倫の調査
・家出人、行方不明者探し
・ストーカー被害の調査
・盗聴、盗撮調査
・与信調査
・雇用調査

 

このような調査内容が探偵が依頼を受け付けている調査内容となります。
まとめると、個人には「所在調査」と「素行調査」、法人に向けては「信用調査」と「人事調査」を行うことが探偵のお仕事と言えるでしょう。

 

では、実際に調査依頼を受けた探偵はどのようにしてトラブルを解決するのでしょうか?
探偵に認められている調査方法は以下の3つか、それに類する方法となります。

 

 

テレビなどで見る探偵のイメージは推理をして事件を解決したり、派手なアクションで依頼人を助けたりというイメージが強いですが、実際にはとても地味な仕事の連続です。

 

ここで注意しておきたいのが、探偵は警察官のように特別な権利が認められているわけではない点です。なので、大原則として法律の範囲内でしか調査を行うことはできません。

 

「なんでも調査できる」「法律やルールを簡単に破る」「違法なサービスの利用を提案する」
上記のような提案は悪質な探偵業者が多く、後々のトラブルに繋がることはもちろん、
依頼したあなたにまで責任が及ぶこともありますので注意しましょう。

 

参考記事:悪質な探偵に依頼するとどんなトラブルが起こる?

 

ちなみに、

 

「調査対象者の車にGPSを取り付けて尾行する」
「調査対象者の家に盗聴器を取り付けて家の中の音声を盗聴する」
「マンションに勝手に侵入して調査をする」

 

以上のような調査方法はすべて違法行為となります。

 

【参考記事】
探偵の選び方をもっと詳しく

 

昔はこれが当たり前、今でも続けている探偵業者もありますが、依頼者のモラルとしてこのような探偵社の利用は相談段階で依頼を控えておくべきでしょう。

 

では、実際に探偵に調査を相談し、依頼をするまでの流れを紹介します。

 

まず、探偵に調査を依頼する前に相談をする探偵を選びましょう。
探偵社の多くがホームページを自社で運営しているので記載されている内容を吟味します。
この時に注意したいポイントが以下の4つです。

 

依頼する探偵を選ぶ際の4つのポイント

@誇大広告ではないか?
A格安料金を全面に打ち出していないか?
B事務所がしっかり構えられているか?
C探偵の業界団体に所属しているか?

 

以上の4つのポイントを踏まえて探偵社を絞り込みましょう。
最低でも2つか3つの探偵社を候補として挙げるのがオススメです。

 

探偵社を絞り込んだら実際にアポを取って相談に行きます。
直接相談をして、事務所の雰囲気や相談員の対応などを見て、提案された調査内容、見積もりの調査料金を複数の探偵社で見比べて比較・検討して1社に絞り込みます。

 

相談をして、比較検討をし、依頼する探偵を絞り込んだら契約をして調査開始となります。
この時に注意しておきたいのが、探偵と契約をする場合、探偵業法によって探偵社は依頼者と契約を結ぶ際に、「重要事項の説明」「利用目的の明示」という手続きを踏まなければいけない決まりがあります。

 

多少手続きが面倒に感じるかもしれませんが、この手続きの中には依頼者側が果たさなければいけない義務となっていることもあるのできちんと行いましょう。

 

料金の支払いは探偵社によって分割や後払いに対応していたり、しなかったりするので、依頼料金の支払い方法に関しても相談の際に確認しておくのがオススメです。

 

以上が探偵に依頼する時の相談から調査開始までの一連の流れになります。

探偵に依頼する前に知っておきたいQ&A

探偵に調査を依頼する前に知っておきたい知識をQ&A形式で紹介しましょう。

 

浮気調査をする目的ってやっぱり慰謝料請求?

浮気調査を依頼する目的としては離婚や慰謝料請求を前提とした証拠を集めるためと思っている人が多いと思います。実際にこのような目的の方も多いですが、ある探偵社の依頼者のデータでは浮気調査を依頼した人のうち、約8割の方が離婚ではなくやり直しを選択しているデータもあります。パートナーの浮気をやめさせたいけど、子供の将来や今後の生活を考えた時に離婚まではしたくないと考える人も多いです。浮気の証拠を押さえておけば、相手からの離婚請求が認められにくいメリットがあります。

浮気による慰謝料の相場はいくらぐらい?

浮気による慰謝料の相場は相手が一般的なサラリーマンである場合、300万円程度が一つの目安です。もし裁判で慰謝料請求が認められると、相手の給料を差し押さえて強制的に慰謝料を支払ってもらうことができます。

調査報告書や証拠はどのようになっているの?

浮気調査や素行調査を依頼した場合、調査結果は文書のみだと明確な証拠とは言えません。なので探偵社に相談をする際には証拠がしっかりと写真や動画で提供してもらえるかは必ず確認しておきましょう。文書と写真のセットで初めて調査対象者の行動の明確な証拠となります。探偵社の中にはそのまま裁判の証拠として使える資料を調査報告書として提出してくれる探偵事務所もあります。場合によっては写真や動画を残す際に用いるカメラやビデオカメラを実費請求される可能性もあるので事前に確認しておくといいでしょう。証拠として上がってくる写真もピンボケや対象者が小さければ証拠とはならない場合もあります。調査力の高い探偵事務所であれば高感度カメラや望遠レンズといった調査機材も揃えていて、撮影能力も高いです。

浮気相手からも慰謝料請求はできる?

浮気調査の結果、浮気相手がわかった場合は相手の氏名や住所、勤務先などが証拠の一つとなりますし、慰謝料請求も可能になりますが、浮気相手も既婚者で配偶者がいる場合は、自分のパートナーが浮気相手にもなり得るので注意が必要です。

探偵に調査依頼をした後にクーリングオフはできるの?

クーリングオフは通販や訪問販売で適用されるケースが多く、基本的には探偵の調査依頼にはクーリングオフが適用されることはありませんが、2008年の特定商取引法の改正によって探偵業者への調査依頼契約にもクーリングオフが適用できるようになりました。しかし、探偵業者の場合は事務所や営業所以外で契約を行った場合のみ適用となります。例えば、喫茶店や自分の家で契約を行った場合です。ちなみに探偵業者側には事務所や営業所以外で契約を行う場合はクーリングオフに対応した契約書を用意しなければいけない義務があります。

探偵事務所と興信所に違いはあるの?

探偵事務所と興信所には現在大きな違いはありません。
以前までは、探偵事務所に依頼する調査は浮気調査や人探しといった個人向けの信用調査や行動調査が多く、一方で興信所は法人の信用調査や雇用調査、市場調査を行うものとされてきました。なので個人の調査を行う探偵は身分を隠し尾行や張り込み、聞き込みなどが主な調査内容となり、興信所は直接面談をしたり、電話で取材をしたりと調査内容や手法に違いがありました。調査手法の違いから依頼料金は探偵事務所のほうが料金が高く、興信所のほうが料金が安い印象でした。また調査内容も探偵事務所のほうがより詳細な調査結果が得られていました。しかし現在では興信所も探偵事務所も個人や法人問わずに調査を請け負っていることがほとんどなので、根本的な違いがなくなってきています。探偵事務所と興信所に大きな違いはありませんが、得意とする調査内容は変わってくる場合もあるので調査を依頼する時は相談の段階で質問をするといいでしょう。

浮気調査の依頼はいつ頃すればいいの?

浮気調査をする場合、浮気相手と一緒にいるところを写真や映像に収めないといけません。当日や即日調査も探偵事務所によってはおこなってくれますが、直前での依頼となると打ち合わせを十分に行うことができず、満足行く結果が得られなかったり、失敗してしまう可能性があります。その分かかる費用も高くなるかもしれません。できれば前日ではなく1週間前〜3日前までには相談をして依頼をするところまで持って行っておくといいでしょう。探偵に浮気調査を依頼する場合は物的証拠や状況証拠に関わらずできる限り情報を自分で集めてから依頼しましょう。

探偵には守秘義務で秘密を守ってくれるの?

守秘義務といえば弁護士さんを始めとした特定の職業に就いている人が職務上知り得た秘密を守るために法律で定められている義務になります。探偵に調査依頼を行って解決をしたい問題はデリケートな問題も多いので探偵に守秘義務があるかどうか気になる人も多いでしょう。

 

探偵の守秘義務については探偵業法の第10条第1項で守秘義務が定められていて、訴訟の証人となる場合や法令上の報告の必要がなければ調査をする上で知り得た情報は守られます。また、調査資料やデータ、写真などにおいても適正に管理する義務を負っています。

 

探偵の守秘義務や秘密保持に関して不安に感じる方は契約の際に調査資料の保管方法やシュレッダーの有無、従業員やその他の委託業者と秘密保持契約をきちんと行っているか確認しておくのがおすすめです。


更新履歴