夫 浮気調査 自分

夫の浮気調査を自分でする時に注意すること

もしかしたら夫が浮気しているかもしれない・・・。
そのようなことが頭によぎったことがあるという人は少なくないでしょう。

 

そして、女の勘は当たるといいますが、疑いを持った時点で9割がた浮気の事実が出てくるものです。
そんな時にどのような行動を取るのか?というのが重要になってきます。

 

 

まず、感情的になって夫を問い詰めるというのはNGです。
なぜなら問い詰めたところで素直に浮気の事実を認める人などまずいないからです。

 

 

おそらく適当に誤魔化されたり、逆ギレされてしまうのがオチでしょう。
さらに本当に浮気をしていたとすれば証拠隠滅されたり、より慎重に浮気をするきっかけを与えてしまいます。

 

 

夫の浮気調査を自分でする場合でも探偵に依頼する場合でも共通して
「夫に浮気を疑っていることを悟られないようにする」というのはとても重要なことと言えます。

 

 

このことを頭に入れた上でまずやるべきなのは携帯電話のデータを手に入れることです。
暗証番号でロックがかかっていることがほとんどだと思いますが、これを突破するのはそんなに難しいことではありません。

 

 

スマホにしてもガラケーにしても指の動きを見ていればそれだけでわかることが多いです。
警戒心の強い浮気夫の場合はあなたの目の前でなかなか携帯を触らないということもあるかもしれません。
(その時点で浮気をしている可能性はグッと跳ね上がるわけなのですが・・・。)

 

 

そんな時はパスワードを解析できるフリーソフトなどを利用するといいでしょう。
ここを人任せにするとパスワード解析だけでかなりの費用を取られることになってしまいます。

 

 

携帯のデータを入手することができればその段階でおおよそ夫が白か、黒かは判断できるでしょう。
おそらくこの段階までは自分で夫の浮気調査をしようと考えている人なら辿り着くかと思います。

 

 

問題はここからなのですが、その後に夫や浮気相手からの慰謝料請求や離婚を考えている場合は、
浮気をしている決定的な証拠が必要になってきます。

 

 

メールや通話履歴だけでは裁判や慰謝料請求となった時に証拠としては弱いと言わざるを得ません。
やはりホテルへの出入りの写真など言い逃れのできない証拠が必要になります。
それによって慰謝料の金額も変わってくるでしょう。

 

 

ただ浮気の事実を知りたいとか、夫が認めればそれでいいという場合は携帯のデータを証拠に
相手を問い詰めればいいのですが浮気相手とキッパリ別れさせたいという場合でもこの段階では
まだ夫の前では何食わぬ顔をしているほうが得策です。

 

 

そして自分でする浮気調査はここまでにして探偵社へ依頼するのがベストです。
理由は色々あるのですが、浮気の決定的な証拠を掴むためにはやはり尾行しなければいけません。

 

 

やったことがないと理解しにくいかもしれませんが、尾行は簡単ではありません。
プロの探偵でも二人一組でするなどしているぐらいなので素人が簡単にできるものではありません。

 

 

また、実際に浮気の現場を目撃して冷静でいられるかどうかという問題もあります。
こういった技術面や精神面のことを考えると自分でする夫の浮気調査は携帯を見る程度に留めておきましょう。

 

探偵社に浮気調査を依頼するとお金がかかる・・・。と思う方も多いと思います。

 

 

参考:探偵社に浮気調査を依頼した時の料金

 

 

上記の記事で紹介している金額だとやはり高いと感じる方もいると思いますが、
すでに自分である程度の浮気調査をして黒だとわかっていて、浮気をしそうな日時までわかっていれば
たった1日の調査で決定的な証拠を掴むことも可能です。

 

 

そうすれば慰謝料請求のことを考えれば探偵費用は格段に安く抑えることが可能になります。
探偵と言ってもどの探偵社に依頼すればいいのかわからないという人は街角探偵相談所のサービスを利用しましょう。

 

 

24時間対応の無料相談窓口で探偵業の経験者がアドバイザーとしてあなたの相談を受けてくれます。

 

↓まずは夫の浮気調査について匿名で相談してみましょう↓